内装工事・壁紙・カーテン・床材 -内装・インテリア専門店-

カーテンの種類 | レールの種類 | お部屋ごとに | カーテンのお手入れについて

 


一般的な基本のスタイルです。厚手のドレープと薄手のレースという2つの布地をカーテンレールに吊っています。厚手のドレープは見た目のデザイン・縫製のスタイルはもちろん、遮光性や消臭機能など さまざまな布地があります。レースでは紫外線をカットするUV加工やミラーレース、また室内が見えにくいプライバシーレース・可愛らしいオパールプリントなどたくさん種類があります。吊り方でもドレープとレースを逆に吊ってレースの柄を楽しむ「逆吊りスタイル」はカーテンを楽しむ新しい発想です。


生地を水平にたたみながら上下に昇降する「プレーンシェード」でドレープとレースの2枚の布地を1台にまとめた物がツインシェードです。

横型ブラインドのスラット(羽)で木材を使用。自然素材ならではのナチュラル感を演出してくれます。また日差しの調整や視線のコントロールなど実用性にも優れております。カラーバリエーションも豊富でバランスと組み合わせればお部屋の雰囲気はぐっと変わります。

オフィスなどでよく使われるブラインドでしたが、最近では布地の種類もかなり増えて、一般のご家庭でも人気が出ております。色・柄・素材のバリエーションとドレープとレースの機能を合わせ持つペアタイプなどいろんな種類や機能があります。特に大型の窓や傾斜の窓にはお薦めです。

オフィスなどで最もよく使われている商品です。一般の家庭用にも装飾性を加えた物や遮熱のスラット(羽)などいろんな商品が開発されております。

フラットな布地を上部の芯棒で巻き上げるメカニックです。壁と同系色を使いシンプルに見せたり、アクセントで使ったり、いろんな場面で使いやすい商品です。

布地が25mm程度の間隔で水平にジャバラ式に上下するメカニックです。おもに和紙調の物が多く和室で障子の代わりに使われています。最近では上下にドレープとレースの役割をする布地をつけるツインタイプ゚が主流になっています。

カーテンの布地をパネルにした商品です。大きな窓や間仕切りに適しています。

生地を水平にたたみながら上下に昇降するメカニックで裾がフラットになっています。シンプルなスタイリングは縦長窓に特によく合います。生地の表情そのものを楽しんでいただけるスタイルです。

生地を水平にたたみながら上下に昇降するメカニックで裾の部分がアーチ型になるのが特徴です。どんな形の窓にも合いやすく家の外観をエレガントなイメージ゙に見せてくれます。

スタイルカーテン(開け閉めしない装飾性のレース)の代表的な形です。フラットな腰高窓やボウウィンドーにお薦めのスタイルです。シンプルな裾のカーブラインはさまざまなインテリアにマッチします。

スタイルカーテン(開け閉めしない装飾性のレース)の代表的な形です。比較的大きめの台形出窓と相性の良いスタイルです。ウェーブサイズと窓のパーツを合わせるのがポイントです。

スタイルカーテン(開け閉めしない装飾性のレース)の代表的な形です。テラス窓や腰高窓を可愛らしく演出してくれます。アール部分のセットが美しさのポイントです。

スタイルカーテン(開け閉めしない装飾性のレース)の代表的な形です。開閉の少ないテラス窓や腰高窓に最適です。クロスしたレースが窓の表情を豊かにしてくれます。

スタイルカーテン(開け閉めしない装飾性のレース)の代表的な形です。大きな窓を可愛らしく見せる為、小さく分割してそれぞれを束ねて可愛らしくしています。

小さな窓に気軽に使用していただけるスタイルです。ちょっとしたおしゃれでお部屋の雰囲気をぐっと引き立ててくれます。

上下2本のポールで固定する形で、細長窓や縦長の小窓にぴったりの可愛らしいスタイルです。

 



木製のブラケット・ポール・リングランナーが特徴です。やわらかな木目と光沢が高級感を感じさせて、カジュアルはもちろんモダン・フェミニン・エレガントなど
いろんな場面で演出してくれます。

ステンレス・スチール・アルミなど金属質の仕上がりが特徴です。
機能より見た目の美しさ・シャープ・アンティークなど装飾性を重視した商品でいろんな場面を演出してくれます。

見た目より機能を重視した商品。曲面でのカーブレールや、天井から吊り下げる吊りレール・絵を掛けるピクチャーレール・重量物専用(緞帳など)の大型レール・手の届かない所への電動レールなど、さまざまな機能性をもった商品があります。



リビング・ダイニングは家族全員の共通のスペースで、憩いの場でもあり、またお客様をもてなす場でもあります。お部屋の雰囲気に合わせて同系色でまとめると、落ち着きのある空間が生まれます。一方アクセントで個性を出しあなただけの空間を演出するのも楽しみの一つです。

寝室は一日の疲れを癒す場所です。ですので、落ち着いた色調でのコーディネイトをお薦めいたします。また、光を遮る遮光カーテンにするのもお薦めです。

キッズルームはお子様が成長しても飽きず長く使えるようなチェック柄・ストライプ゚柄などがよく選ばれます。また、汚してもすぐに洗えるウォッシャブルの布地がお薦めです。

日本の建築といえば和室です。素材や形に注意して純和風の空間を演出したり、モダンな雰囲気を取り入れた空間を演出したりさまざまです。和紙のプリーツスクリーンや竹のスダレなどの素材感は和室の空間にぴったりです。


■カーテンの汚れ

カーテンの汚れは、室内の浮遊塵・外気の埃・手あか・タバコの煙などが原因です。いずれも時間がたつほど落ちにくくなりますので、
普段から汚れが残らないようにする工夫と適度の洗濯が必要です。

■普段のお手入れ方法

お部屋の掃除の時にカーテン表面に掃除機をかけたり、カーテンを外して布団たたきの要領でホコリを落として下さい。
レースは半年に1回のお洗濯、ドレープは2年に1回のお洗濯をして下さい。
家庭の洗濯機で洗うか、クリーニング゙業者にまかせるかは必ず取扱表示をみて見て判断して下さい。

ご家庭での洗濯方法( 洗濯機を使用の場合)

まずカーテンからフックを取り外します。次に洗濯するカーテンをネットに入れて、
水量を最大にして水流は必ず弱くして下さい。(強すぎるとしわや、破ける原因になります。)

洗剤は取扱絵表示に指定がない場合は中性洗剤または、弱アルカリ性洗剤をご使用いただけます。
漂白剤は変色・脱色の原因になりますので避けて下さい。

脱水は30秒程度で一番弱い設定で脱水して下さい。いくらネットに入っていても脱水が強いと破けます。
脱水後はフックを付けてレールに掛けて下さい。外での物干し(直射日光は×)は避けて下さい。
多少シワがある場合は少し引っ張って形を整えるときれいになります。