内装工事・壁紙・カーテン・床材 -内装・インテリア専門店-

下関市 新築カーテン取付 その①

 おはようございます
本日のブログはご新築カーテン取付の内容をアップしてみました
まずはリビングから

                           レースだけの写真
レースはオパール加工で、透け感もあり
大きな花柄で広いリビングにはすごくすてきでした

                       ドレープカーテンを閉めた写真
しかも今大変人気のある逆吊りスタイルで、レースの後ろにある
ドレープカーテンを閉めてもレースの柄はそのままインテリアとして
引き立ちます。
夜はお部屋の照明でもっとすてきになります
上品で女性らしい柄がお好きな奥様にはピッタリのカーテンスタイルです
続いては寝室です

寝室はご主人の希望で、ダークマホガニーのドレープに、
光沢のあるシルバーのレースを合わせてみました
ホテルの様なイメージでこれまたすてきでした
ご主人も大変喜ばれておりました
次回はお子様のお部屋と和室をご紹介いたします。
楽しみにしておいてくださいね
それではまた明日
店長でした


ログハウスのカーテン

 はじめまして。
スタッフブログに初めて投稿します。
私が担当しましたログハウス新築住宅のカーテンを紹介いたします。

お客様のイメージが鮮明でしたので商品決めはスムーズにいきました。

↑ リビングはショールームに展示しているロールスクリーンのビジックがお気に入りでしたので、すぐ決まりました。メーカーはTOSOです。

↑ リビングの小窓には白地に1柄個性的なカーテンをフラット仕上げで作製。メルヘンで可愛らしい雰囲気になりました。

2階は全てプレーンシェードです。カーテンは小柄な明るい色調を選ばれました。グッドでした。

↑ 最後に2階寝室からベランダに出る扉にロールスクリーンのビジック「ゼブラ」を。これもショールームで見られ決められた商品です。
ちょっとおしゃれなロールスクリーンの紹介をしました。
先日も、ご来店のお客様が「ビジック」をみられ、下関のゲストルームのマンションに取付させて頂きました。
これからもお客様にすてきな情報をお知らせしていきますので、よろしくお願い申し上げます。
        ~長老の社長より~


住江織物の提案

 おはようございます
皆さんはカーテンを選ばれる時にどういった選び方をされていますか?
まずカタログより選ぶ方法がありますが、布地も小さく、柔らかさや
柄などがまったくわかりません。一番失敗が多いパターンです。
『希望はこんな感じじゃなかった』『イメージと違う』と思っている方は多いはずです。
つずいて、ショールームなどで大きな吊りサンプルで選ぶ方法があります。
色・柄もよくわかり、吊った時のイメージもよくわかります。
でもショールームなどで あれだけ多くのカーテンの中からまず
どれとどれを選べばいいのか、わからないと思っているお客様が
ほとんどだと思います。実際にこのカーテンがほしかったと言われる
方はまずおられません。
そこでまずお客様に色の組み合わせ・スタイルの組み合わせの
参考例をみて頂き、色はこんなイメージ・スタイルはこんな感じがいいと
いった、ざっくりした内容をお聞きする為の物があったほうがいいのでは?
と思いました。
メーカー数社にお願いしたところ、一番対応が早く快く提案してくれたのが
住江織物(株)でした。部屋ごとにコンセプトを決めかなり多くのパターンで
提案書を作ってくれました。あとはこの中から数点ハンガーサンプルなどを
用意して、実際にお客様にみて頂こうと思っています。
(またそこから改善すべきところは変えていこうと思います)



『昔からカーテンはこうやって決めていた』
『どうせやっても…』とやりもせずに、否定的な行動は弊社では禁止にしております。
もし自分がお客様だったらこんなものがあったらいいのに…と思いながら
日々いろんなことに挑戦していきたいと思います。
ぜひいろんなご要望があったら教えて下さい。
カーテンショップはこうでないといけないというきまりはありませんよね!
今回は住江織物(株)の担当者の方、並びに大阪のコーディネーターの方
いろいろなご提案ありがとうございました。
ぜひ活用させていただきたいと思います。
これからも宜しくお願いいたします。
専務より


特殊塩ビフィルム(ベルビアン)

 おはようございます
昨日は、山陽小野田市のマンションで外部の扉に塩ビフィルムが貼ってあり
年月が経ってサビがでてきたので新しく貼替ました。
塩ビフィルムはシーアイ化成(株)のベルビアンという商品で今回は
外部に使用するので屋外用の耐候性のあるレザー調でお選びいただきました。
素材は大変薄くカッティングシートのような感じです。しかし表面の素材感が
とてもリアルで、なおかつ大変丈夫にできています。

内装商材のなかでは高級商品です。
それとこの塩ビフィルムを貼るのがとても難しいのです。
並大抵の技術ではありません。ですので貼れる職人さんがとても少ないのです。
貼替前の状況です。

今回の作業はまずサビを研磨して落とします。

ラッカーシンナーできれいにして、専用のポリパテで段差をなくします。
あとは、プライマーを塗ってベルビアンを貼ります

貼替後の仕上がり状況

扉だけ見ると新品になりました。
このような感じで住宅の建具や家具などにも施工できます。
特に多いのが台所のシステムキッチンの扉(上下についている小さな扉)が
汚れたので扉に貼ってほしいという内容です。
いろいろなところでも使えますのでぜひお試し下さい。
弊社には熟練の職人さんが何人かいますので、
安心してお任せ下さい。
専務より


ブラインドの取替

おはようございます
昨日は、山陽小野田市の美容室ニチベイのセレーノ25 スラット(羽根)は、ツートンカラーと
いって裏と表の色が違う物を使用ヘッドボックスは特注のカラーで作製しました。
今回は美容院ということで、水が散ったりすることがあります。
こういった場合はラダーコードが羽根の上下に挟むようについている
タイプを使用しないと たたんだ時に羽根どうしがくっつき、うまく開閉しません。
こういった商品の知識がしっかりしているのが専門店です。
作業前状況

取付完了 スラットが黄色の場合

取付完了 スラットがアイボリーの場合
お客様のご要望で黄色とアイボリーのツートンカラーのスラットで
とてもきれいでした。お客様も大変満足されていました。
8/31までブラインド50%OFFのキャンペーンをしています。
まだ ぎりぎり間に合いますので、ぜひ お問い合わせ下さい。
専務より


大型ロールスクリーン

 おはようございます。
昨日は宇部市の店舗で大型のロールスクリーンを取付しました。
ロールスクリーンはタチカワブラインドのモアという商品を使用
標準タイプは、巾2m 高さ3mまでしか作製できませんが
大型タイプは、巾3m 高さ5mまで作製が可能です。
小さいものを連結して使用すると隙間が発生して光りが漏れてきます
その隙間が気になる場合は大型タイプをお薦めいたします。
(但し下地がしっかりしていないと重量がある為、取付できません。)


取付前の状況です。


既存のレールを外して、ブラケットを取付
2台で1.5時間ぐらいあれば完了します。
おっと、紹介が遅れましたが取付作業しているのが
弊社の専属職人の『三浦さん』です。
こと取付に関しては絶対に妥協しません。
さすがプロの職人さんですね。



さすがに大きいので迫力もあります。
仕上がりもきれいで、巻き上げたときは、すっきりします。
今日も いい仕事してます。
ロールスクリーンやブラインド・カーテンなど
大型の商品や、特殊な電動などいつでも対応いたします。
学校の緞帳などでも、まったく問題ありません。
何でも、お気軽に聞いてください。
 
専務より


シェードの生地交換

 おはようございます
エト ハウス店長の西浜です。
スタッフブログでドキドキ しております。
今日はシェードの生地交換について載せてみました。
シェードってなにとお思いの方いらっしゃいますか

                                     写真はイメージです。
カーテンの生地で作製し、コードやチェーンで上げ下げをするスタイルのことです。
両開きカーテンとは違い窓廻りがスッキリとします。
その分お手入れはちょっと大変ですが
そんなシェードのレース側の生地交換をしました。
築13年ということもありかなりくたびれておりました
シェードは生地のみの交換が出来ることを知っていらっしゃる方は少なく、くたびれたまま使って
いらっしゃることが多いです
本体部分は古くても、生地を替えるだけで十分使って頂けます
の時代ですから、使えるものは使わないと
これからもみなさんのお役に立つ情報を載せていきますのでたくさんチェックしてください
よろしくおねがいします


外庭清掃

 おはようございます。
昨日は、社員全員で事務所のまわりの木を切ったり、草刈り、溝そうじと
外庭清掃をしました。ショールームに来られるお客様の為にきれいに
しておかないといけません。同じ買うならきれいなショールームで、
対応の良いスタッフから買いたいですよね。

作業中

作業完了
これできれいなショールームはなんとかなりました。
あとは対応の良いスタッフと言って頂けるように社員全員で人間力を高める努力を
しないといけません。
その為には、会社のトップが率先して動き、自らがやってみせ、言って聞かせ
自分を変えないといけないと思います。
そうすれば、おのずと職場は活気づき、社員の人間力は高まると思います。
外庭清掃をして自分のありかたを考える日でした。
専務より


カーテンの取付

 こんにちは
今日は、いつもお世話になっている(有)平戸建設さんの現場で
カーテンの取付をしてきました。
広縁にドレープ・レースを取付
ドレープは和室の雰囲気によく合う
和柄のものでお選び頂きました。
レースは日焼けなどを考慮して
ミラーレースを採用
プリーツもきれいで仕上がりは
大変きれいでした。
このカーテンは巾が3mあるのですが
片開きの1枚で縫製しています。
右側に出入り口があるのでカーテンが
たまると邪魔になります。
ですので左側にまとめるようにしました。
こういった、使い勝手・住みやすさを考えていろいろできるのがオーダーカーテンの良いところです。
既製にはこのサイズはまずありません。
2階は娘さんのお部屋で、かわいくまとめてみました。

オーダーカーテンは1窓から、
いろんなサイズで作製できます。
見積などは無料ですので、
お気軽にご相談ください。


心掛け

 今日は1日中現場での打合せでした。午前中に1件、午後に3件と
内装工事からブラインドなどいろいろお伺いさせていただきました。
お客様のご要望はさまざまで、1人1人に最適なご提案をするように
いつも心掛けております。(当たり前ですね
さらに最近よく感じることは、知りたい情報などインターネットなどの
普及により早く知ることができ、待たされる場面が少なくなったように
感じます。なのに建築業界などは未だに手書きの書類やFAXなど
時間の差を感じます。その風潮がメーカー・問屋さんにも多く質疑や
問い合わせの返事が遅いのが現状です。
私がお客様だったら待たされるのは、やっぱり好きではありません。
だから、必ず「先手で行動します
仕事を先送りせず、その日で片付けれる仕事は片付け、お客様がこうしてほしい
と思うまえに行動するよう心掛けております。
メーカー・問屋さんにもこの思いが通じることを期待しつつ今後も
お客様の為に頑張ろうと思います。
専務より


1 198 199 200 201